スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

TOAsss3 捏造EDその1

 PCの修理費の見積もりの連絡が来ました。
39480円ですって!うーん…。お金が…

しかし、今回も家のPCを使ってるんですが、なんでこんなにキーボード汚いのかしら…7年物だから?それともお父さんが使ってるから?
家のPCはほとんど使ってない状態なので、PCがない私は使いたい放題なんですが、古いせいでなにするしても重たい。そして、迂闊なことがしにくい。(してもいいんだけど…)

さて、新しいPCを買おうかどうしようか悩み中です。欲しい事は欲しいけど、タイミングが悪くてとか思って、うじうじ悩んでます。
そこらへんを無視して新しいPCを買うとすると、ルーターと無線カードも新しく買うつもりなのです。今まで弟か父に設定してもらってきていたのですが、今回からは間違いなく自分で設定する事になるかと…。うまく出来るだろうか、激しく心配です。

さて、さっき公開してうpしてしまいましたが…
改めて、またTOAのsss書いてみました。sssだと思う。短いし。
さっき上げたのには1つの記事にありましたが、後の分を違う記事に分けたいと思います。なんか、流れは同じだけど違うような気がしたので(錯覚だと思うよ)まぁ分けてうpします。

sssは続きから。
BLじゃないですよ。NLでもないと思うんだけど…そして捏造EDです。
 彼の旅の始まりの地であり仲間達の旅のきっかけでもある地は、今夜も月明かりの下でほんのりと輝く花が咲いていた。

彼の。彼女の。仲間達すべての帰還と旅の終わりを祝福してくれるように。

彼女が紡ぐ、古より伝わり失われた譜歌の最後の韻が、大気を震わせながら消えてゆき、後はざぁざぁと響く波と風にそよぐ草花の音に包まれる。それでも、ここに集まった人間達は身じろぎすらせず、谷間から見渡せる景色を見据えながら祈るような、それでいて懺悔するような思いで見つめていた。

この場所は、海と始まりの地とも栄光の大地とも終焉の地ともあだ名される島の亡骸の全てが見渡せる。
栄光の大地、ホド。すべての始まりにして通過点にしか過ぎず、一人の男の野望の終着点であり第一歩である地。それは2年前に脆くも崩れ海に沈み、その一部が海面から顔をのぞかせている。あの2年前のあの日に仲間であった彼を約束という名の免罪符で縛りつけ、沈めてしまった人間達が祈るように縋るように、彼の地を睨んでいた。

きっと戻ってくる。戻ってきて欲しい。
今日と同じ一年前のこの日とまったく同じ思いで睨む。
きっと戻ってくる。戻ってくるならこの場所だ。
今日と同じ一年前のこの日と変らぬ確信で集まったこの場所。

大譜歌と呼ばれる過去の偉人が残した歌の余韻が完全に消え去り、誰からとも無く

「戻りましょう」

との言葉が紡がれる。集まった人間達が一人また一人と目を伏せ、かの大地へと背を向ける。
最後まで残り、彼の姿を視界の中に探す彼女へ声がかけられ、彼女もまた一度目を伏せ、背を向けようとした瞬間。

波と風の音が重なる。

草を踏む音とたてながら、こちらへと近づいてくる。視界の端に出合った時と同じような長い髪。見失わないように長い髪を探す。かの大地から今帰ってきたように、こちらへと歩いてくる人影に、背を向けていた仲間達もあわててふり向く。
月光を背にしているのと長く伸びた髪のせいで、顔がはっきり見えないが、見間違えるはずが、ない。
最後に見た時より背が伸びているが、たしかに。あの時、約束という免罪符で。
突然、視界がぼやける。うまく彼の姿が見えない。勝手に喉から引きつったような疑問がこぼれる。
ぼやけた視界でも、彼の口元が微笑み開かれるのが見えた。

「約束したから」

やっと旅が終わる。



祈りが届くまで17cm  (その距離は近いか遠いか)



title 19e様よりお借りしました。

あれ?最初に書こうと思ってたのと全く違う…。本当は、EDでルークとアッシュが2人とも帰ってきましたよって内容のを…あれ?これED書いただけじゃん。

スポンサーサイト

It comments.










Track back Url of this Article
http://tomaabura.jugem.cc/trackback/145
Track Back